Home > About / 聞き鞄とは

聞き鞄とは

I developed a passion for using my hands to create works of art from my grandfather. Growing up in his shop I learned how to use old-fashioned methods and tools to produce the very finest in leather work. I am still working out of that same shop to craft my leather products with the greatest care.

使う方の、
普段の鞄の中身
体型
鞄の用途
お好みの色
好きな場所、よく行く場所
このようなことを踏まえて、お話を聞かせていただきます。

鞄の機能

手で持てる重さのもの(複数)をまとめて安全に運ぶ
しまいやすく、取り出しやすく、運びやすい
持ちやすい形
耐久性

服飾品としての鞄

いちばん外側に見える服飾品である
流行を取り入れた / 持ち主の好みに合う 見た目の美しさ
ファッションのスタイルに合うデザイン
自分を格好良く見せる

工芸品としての鞄

革や布など素材に関する技術と知識
型紙作りや手縫い製法に関する技術と知識
各国の職人たちが時間をかけて編み出した集合知を取り入れた新しい製法

普遍的な美しさ

使うひとそのものを表すことができる鞄
持ち主の仕事や、移動場所に適している必要がある
手放せない大事なものが入っている

聞き鞄は、鞄には、上記の用途の他に、
持ち主のキャラクターに合ったデザインが施されている必要があると考えます。
鞄は、用途を追求しただけでなく、服飾品としての見た目の美しさ、そして持ち主の服装や行動に合ったデザインを併せ持つことで、
使うひとそのものを表すことができる道具であると言えるのではないでしょうか。

Sewing with only limited tools such as stitching chisel, 2 needles and hemp thread waxed with bee wax.
Simple pattern without superfluous patchwork using natural lether.
Stories are with every material I use such as hand woven cloths and antique buttons.
I do not use chemical glue.

手縫い製法

麻糸をミツロウで滑らせ、ひと針ずつ縫います
フォークで穴を開け、均等な縫い目を作ります
できるだけ不要な継ぎ接ぎはせず、シンプルながら使いやすい型紙作りをします

素材への拘り

天然の革を無駄なく、贅沢に使います
手織りの布や、アンティークの布やボタンなど、物語を持つ素材との組み合わせをご提案します

科学的な糊は使いません

型紙には拘らず、その都度必要な技術を活かした成形
ドイツの鞄職人に学んだ、伝統的な技術を活かす成形
椅子職人の祖父がくれた道具と知識を活かす成形

こちらで、過去の作品を一部公開しています

Bio

Kikikaban is an exclusive line of bags which are crafted using hand stitching and traditional methods.
聞き鞄は、使う人の毎日に合わせた鞄作りのお手伝いをします。
使う方のお話を聞き、プロとしての意見をお伝えしながら、誠意を持ってデザインいたします。

聞き鞄は、小さなかばん屋です。
椅子職人の工房に間借りして、手縫いで鞄を作っています。

c/o Sato chair factory 3589-3 Totsuka-cho, Totsuka-ku, Yokohama, Japan 2440003
住所 :横浜市戸塚区戸塚町3589-3 佐藤椅子店工房内
連絡先 :045-881-3927(佐藤椅子店)
メール:koe@kikikaban.me

History / 歴史

  • 2013
    ハンブルクとフライブルクで、ドイツに古くから伝わる手縫いのかばん造りの技法を学ぶ
    Learn traditional bag making tecnique in Hamburg and Fraiburg, Germany.
  • 2011
    かばんの会を始める
    Started "kaban-cafe."
  • 2007
    “聞き鞄”をはじめる
    祖父である椅子職人の工房で間借りをしながら、思いや気持ち、大切なモノを持ち歩く道具としての手作りかばんを提案
    人力の足踏みミシンや手縫い製法の取り入れ、材料選へのこだわり等、環境にも配慮したスローなかばん造りを目指す
    Launched Kikikaban to make and sell environmentally-friendly bags while rooming at the chair work shop of her Grand father.